忍者ブログ

ならメモスタッフ日記

直葬、家族葬など“小さな葬儀“専門葬儀社奈良メモリアルサービススタッフのつぶやき

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


夕方自宅への帰り道、いつも通る狭い道で、何時ものように走っていたのですが
その道では常時、数台の路上駐車があり小学生くらいの子供が遊んでいたり
走りにくい道ではあります。


私が路上駐車の車の横をすり抜けようとした瞬間、右前方で運転席のドアが開き
出すのが目に入りました。
私の車は3.40kmくらい出ていたでしょうか、急ブレーキを踏んでも間に合う
距離ではありません、判断する間もなく通り過ぎた瞬間、「バッキッ」っと言う
音と供に左のドアミラーが飛びました。


まずは車を安全な所に止め、相手方の怪我が無いことを目視で確認し、私が長年
お世話になっている保険代理店に電話をかけました。


こんな時、私がお世話になっている代理店さんはとても頼りになります
私自身の事故以外のことでも気軽に事細かくアドバイスをいただけます「知人が
こんな事故に遭ったけどどうすればいい」とか、契約内容を超えて交渉ごとに
あたってくれたり、私もこんな葬儀社を目指したいと思います。


今回は私自身の事故、過去に事故は何度も起こしているので慣れてはいるつもり
でも、やはりどこか動揺しています
今回乗っていた車は私の母の車でした、保険は母の会社で加入しているもので
私がお世話になっている保険代理店さんとは関係が無いのですが携帯にもアドレス
が入っている代理店さんに真っ先に電話をし、アドバイスを頂きました。


先ずは指示通り警察へ電話、携帯から110番したのですが、どうやって現場を知らせ
ようかと考えるまもなく、携帯のGPS機能でこちらの居場所を瞬時に把握されています
警察を待つ間にお互いの名前や連絡先を交換し、後は保険屋さんに任せると言うことで
穏便に済ませましょうと言う話をしました。


そうこうしている内にようやく警察が到着、大きな事故でもないので事故検証も聞き
取りのみ、若い警官に“今回はドアを急に開けた方が加害者になるがこれが子供の
飛び出しならあなたが加害者だ“という風なことを遠まわしに言われ、たしかにドア
が子供なら軽い怪我では済まなかったでしょう


最近どうも運転がぞんざいになっていたような気がします
今回は大きな事故をしないよう警告されたんです、最小限の軽い警告で済んだ事を
心底ラッキーだったと思います。



奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。

拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
西口宏治
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1966/01/21
職業:
葬祭業
趣味:
ミニカー収集
自己紹介:
“小さな葬儀”専門葬儀社
「奈良メモリアルサービス」です。
消費者目線を忘れず
“for the customer”の精神で
社会が求める葬儀を追求して
います。
<<事故処理  | HOME |  娘が中耳炎!!>>
Copyright ©  -- ならメモスタッフ日記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ