忍者ブログ

ならメモスタッフ日記

直葬、家族葬など“小さな葬儀“専門葬儀社奈良メモリアルサービススタッフのつぶやき

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 産経新聞に「変わる葬儀観、親と子、夫婦間の絆を
深める」という記事がありました。
東北の震災以降、葬儀に対する考え方が少しずつ
変化しているようです。

最近はとにかく安価で簡素化を求める傾向が強く
関東での直送割合が急激に増加しています
そんな中起こった震災、この未曾有の大災害後
親子、夫婦、友人に対する思いに変化があり、より
絆が深まり、お別れの場である葬儀に対する考え方
に変化が出てきているそうです。

安価で簡素化は同じでもお別れすることの大切さ
故人に対する思いを再認識する場である葬儀が
今一度見直されています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111005-00000120-san-soci


奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0120-635-030 お気軽にご相談下さい。

拍手[0回]

PR

首相が変わり、東北の具体的な救援策より前に増税
の話が出ていますが、今の不況の中で増税するのは
どうなのでしょう。

国の財政がほぼ破綻していることはわかります
税収が減り支出は増える一方、年金も年々機能しなく
なって行きそうです。

増税しなければ日本は破綻するでしょう、しかし今増税
すればどうなるのか、さらに景気は後退し、生産拠点は
海外へとながれ、失業者がさらに増加するのでは
結果的に税収が減り生活保護費など支出が増え続け
るのではないかと感じるのです。

奈良市の生活保護課などは年々職員が増えています
保護を受給している人が一人減っても三人の受給者が
増えるような勢いで保護費受給者が増えているようです。

増税すべきなのか、逆に減税すべきなのか、詳しい数字
が解らないので勝手なことは言えませんが
要はタイミングと世間に流れる閉塞感を払拭すればよい
のでは

増税できるところはやり、減税できるところも作る
少しでも希望が持てればもっと前向きになれるのでは
ないでしょうか
そんな簡単な話ではないのも解りますが日本の未来の為
みんなで知恵を出しあいましょう。


奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0120-635-030 お気軽にご相談下さい。

拍手[0回]


映画おくりびとの主人公が演じる“納棺師”という仕事
先日その仕事の奥の深さをあらためて知ることがありました。

故人は若くして亡くなられた方、急死です。
詳しい状況は書けないと言うより書きたくないのが本音です
警察署の霊安室から納体袋に納められた仏様を棺に納め
ご自宅にてご安置させていただきました。

若くして突然亡くなられた故人のご家族に掛ける言葉も
ありません
しかしながら遺族は納体袋に納まった故人のお顔を見ること
が出来ない状況でした。

そこで急遽納棺師さんに遺族がお顔を見てお別れが可能な
状態になるか、確認して頂いたところ出来るとの返事、早速
納棺作業に取り掛かっていただきました。

修復と納棺作業に私も同室させていただきましたが納棺師さんの
技術、そして何よりも心意気に本当に感心させられました。
棺に納まると見えなくなるところもしっかりと処置をされ
妥協を許さない完璧な仕事ぶりです。

今回、納棺作業に立ち合わせて頂き、改めて納棺師のご遺族に
対する気持ちがこちらにも伝わって来るようでした。

その後、ご出棺までの数日ゆっくりとお顔を見てお別れして頂く
ことが出来、改めてグリーフケアとして直接お顔を見ることの
大切さ重要さを実感しました。

「死者を死者と知る」そして悲しみから抜け出す第一歩が踏み
出せる
そのとても大事なお手伝いをする納棺師さんの心意気に心から
敬意を表します。


奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0120-635-030 お気軽にご相談下さい。

拍手[0回]


台風が近づいてきました。

そもそもこの奈良と言う地は災害とは殆ど無縁の県です
その昔、都を奈良に作った人はこの災害の少なさを解って
いたのでしょうか。

とは言え今回の台風は速度も遅く奈良に近いところを通る
可能性があります。

私も注意して家の周りのものなど風で飛ばされそうな物は
片付けることにします。

皆様十分注意してください。


奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。

拍手[0回]


さて目まぐるしく本当に頻繁に交代する日本の首相ですが
また新しい首相が誕生しました。

しかしこれだけ頻繁に首相が変わると国内だけでなく海外
からも呆れられますね
かといって今の政治家に首相適任者は見当たりません
民主党も政権を取ったものの未だ一枚岩になれず、この
未曾有の大災害に立向かわなくてはならない時に新首相
が誕生しても、やれ党内一致、挙党体制を築くなど
「まだそこかよ」というレベル

すぐにでも目の前の敵(災害・経済)と戦はなければならない
時に、未だ一緒に戦う部隊の編成に手間取っている感が見えます。

またこのどさくさに紛れてイラ菅がなんの前触れも無く唐突に
朝鮮学校授業料の無償化手続き再開を文科省に指示した。

本当に民主党に任せて良いのか、しかし今の自民党もあまりにも
存在感が無い、やっぱりこの国は民主主義という体制が苦手なのか
と、ふと思ってしまった。


奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。

拍手[0回]


07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
西口宏治
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1966/01/21
職業:
葬祭業
趣味:
ミニカー収集
自己紹介:
“小さな葬儀”専門葬儀社
「奈良メモリアルサービス」です。
消費者目線を忘れず
“for the customer”の精神で
社会が求める葬儀を追求して
います。
<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- ならメモスタッフ日記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ