忍者ブログ

ならメモスタッフ日記

直葬、家族葬など“小さな葬儀“専門葬儀社奈良メモリアルサービススタッフのつぶやき

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


処変われば火葬場の成り立ち、運営方法はさまざまです。

各市町村で運営されている火葬場ですが、そのほとんどの
成り立ちは町や村で設置されていたサンマイと呼ばれる
小規模な火葬場を市や町が借り受けて改装し人口にあわせて
大きくしたものです。

今も一部の市では大きな火葬場ではなく、小さなサンマイが
いくつかあり市民の火葬場として利用しているところも有ります。

運営している職員もさまざまで、正規の公務員であったり
委託されている職員、中には葬儀社が管理運営しているところ
もあります。

以前、奈良の南にある小さな斎場で県外から来られた方が
水の事故でお亡くなりになり、Y火葬場で荼毘に臥し遺骨を
兵庫県の親族が引き取るということでした。

諸事情によりお寺さんなど宗教者は呼ばず火葬のみの直葬
でした。

斎場の手続きを取り火葬場にも挨拶を兼ねて下見に行きました
そこで宗教者はいないことなど事情を伝え一旦火葬場を出たの
ですが、斎場職員を名乗る(葬儀社?)人から連絡があり「物を
焼くわけや無いんやからお寺さんを付けてくれ」との話
こちらが事情を話しても納得してくれません
訳を聞くと「斎場職員の気持ち」???で自分たちは公務員では
ないとの事でした。

なんとかその場は納得してもらいましたが、諸事情があるのです
から私もお経は無いよりはしっかりお勤めして頂くべきとは思って
います。
しかしながら宗教を無理強いするなど、それは別の話、徹底的に
私は遺族側の立場の人間です。
あまりしつこい様であればとことん喧嘩をする覚悟でしたが
幸いそこまで大事にはなりませんでした。

ひとつの例ですが、地方の火葬場に行くとそれぞれの考え方が
しっかり定着しており、まして田舎になれば今の葬儀事情など
まったく別世界なのでしょう。


奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。

 

拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
西口宏治
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1966/01/21
職業:
葬祭業
趣味:
ミニカー収集
自己紹介:
“小さな葬儀”専門葬儀社
「奈良メモリアルサービス」です。
消費者目線を忘れず
“for the customer”の精神で
社会が求める葬儀を追求して
います。
<<大雪?  | HOME |  エリア外での葬儀>>
Copyright ©  -- ならメモスタッフ日記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ