忍者ブログ

ならメモスタッフ日記

直葬、家族葬など“小さな葬儀“専門葬儀社奈良メモリアルサービススタッフのつぶやき

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


色々お付き合いさせていただいている葬儀社の方が最近どうも不運続きと
落ち込んでいる様子です。

時々、人は不幸や不運が続くと「何かのバチが当たったんやで」とか
「何かに獲り憑かれてるんやで」とか言いがちですが

一つの出来事を不幸と取るか幸運と取るかでその後の人生すら変える
本当に大きな分かれ道にもなると思います。

不幸と取れば何かしら物や人を恨んだり責任転換したり、そこから何一つ
良いものが残りません。

逆に不運も与えられた「気付き」に変えることが出来れば幸運になります
たとえば私は去年の冬、突然の大雪の中、車をスリップさせてしまい自損事故
を起しました
幸い他の車を巻き込むことなく私も怪我は無かったのですが、車は少し
壊れました
さすがに落ち込みましたが、よくよく考えると、私はその後乗り換える予定で
あった四輪駆動にスタッドレスタイヤがついた車をとても過信していて
大雪だろうが平気で飛ばしていたのです。
「あっ! あのままやったら乗り換えた後に大きな事故をするぞって言う警告
やったんやな」
そう考えると本当にラッキーやったと思えますし、その後は四輪駆動の車
であってもとても慎重な運転をするようになりました。

ある有名な霊能者の方も仰ってました、年末などに来る不運はその一年の
膿が出ているのだと
また私の知り合いの霊能者?の方が仰っていましたが「仮に何かに憑かれて
も、それは誰にでもあること、自分をしっかりもって足元を固めていれば勝手に
離れていく、物事を前向きに捉えていれば大丈夫」と

不運も大きな不幸にならない為のガス抜きみたいなもの、上手く行かない時は
その時期じゃないと言うこと、災難は自分を磨き次のステップに上がるチャンス
不運から色々な学びや気付きを得る為にもポジティブ思考で捉えましょう

私も頭では解ってるつもりなんですが・・・

奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。


拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
西口宏治
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1966/01/21
職業:
葬祭業
趣味:
ミニカー収集
自己紹介:
“小さな葬儀”専門葬儀社
「奈良メモリアルサービス」です。
消費者目線を忘れず
“for the customer”の精神で
社会が求める葬儀を追求して
います。
<<お寺様の家族葬  | HOME |  出張を終えて>>
Copyright ©  -- ならメモスタッフ日記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ