忍者ブログ

ならメモスタッフ日記

直葬、家族葬など“小さな葬儀“専門葬儀社奈良メモリアルサービススタッフのつぶやき

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


JR山陰線、鎧~餘部間に架かる余部鉄橋が開通しました。

なぜ橋の話?・・・以前も書きましたが私の前職は橋梁メーカーで
品質管理に携わっていましたのでこの特殊な橋には思い入れも
あります。

この余部鉄橋は日本有数の特殊な橋梁で明治42年より着工、同45年
に完成、全長310.59m、高さは41.45m、当時の金額で331.535円の
費用をかけて建設されました。
当初はコンクリート橋案もありましたが最終的にアメリカ人技師ウルフェル
の意見を取り入れ大変珍しい構造のトレッスル橋とすることになった。

現場周辺は山岳地帯で、線路は山間部を通して敷設されましたが余部
集落付近だけは、地形が特殊で集落を跨ぐ形で線路を繋がねばならず
土を盛り上げ大築堤を作る案もあったが、最終的には架橋することに
33万円を超える巨額の建設費と、延べ25万人を超える人員を投入
高所の大変危険な工事だったため、作業員には2万円もの保険が掛け
られていたそうです。

しかし昭和61年回送中の列車が日本海側からの強風に煽られ、橋梁
中央部付近より車両の一部を残して7両が転落するという事故が発生した。
転落した車両は橋の真下にあった工場を直撃、従業員だった主婦5名と
乗務中1名の計6名が死亡した他、計6名が重傷を負った。

転落事故後は風速規制を強化したことで運休や遅延がたびたび発生し
地域の通勤・通学や経済活動に大きな影響が出ていた為、防風構造を
備えた新橋に架け替えられました。

旧橋梁の処遇については餘部駅寄りの3本の橋脚・桁を残し更にその部分
を利用して鉄橋展望台「空の駅」として保存活用することや、鉄橋記念施設
道の駅・自由広場・水辺公園・散策路などを整備して余部鉄橋の物語を継承
していくそうです。

余談ですが、余部鉄橋には過去に鉄橋守が詰める見張番所の小屋が豊岡
方トンネル手前側にあり、近年こそ見張り番は常駐していませんでしたが
私の記憶が正しければ、日々点検作業を行う橋守は平成の世になっても
おられたと記憶します。

鉄道マンや橋梁技術者の心意気によって支えられてきた余部鉄橋には
もと橋屋の私としても思い入れがあるんです。


奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。

 

拍手[0回]

PR

去年、母が孫に動いているカニを見せたいと市場から持ち
帰ってきたサワガニが・・・

当初10匹以上いたサワガニですが環境に耐えられず
冬に入る頃には7~8匹(穴の中に居たり正確な数字が
解らないのです)に

冬の間は穴の中に入って冬眠していたサワガニですが
ようやく春になり少しずつ出てくるようになりました。

それでも激しい温度差に耐えられず、せっかく越冬した
サワガニも少しずつ死んでしまって、今では4、5匹になり
ました。

先日ふと水槽を覗くと1匹のお腹に赤いものが・・・よ~く
見ると卵を抱えているではないですか!

待望の2世の誕生でしょうか、写真を撮りたいのですが
フラッシュで刺激を与えたくないので、そのうち撮影できたら
アップします。
 
我が家で小さなサワガニの誕生を一番心待ちにしているのは
誰よりも私のようです。


奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。

拍手[0回]


 寒暖の差が激しい季節ですが、子供が風邪をひいています。

娘は新一年生、息子は保育園と新しい環境になって色々疲れ
も出てきたのでしょうか、風邪を引いて熱があります。

息子はすぐに治ったのですが娘の方は発熱したまま学校を
休んでいます。

私も体調管理に気をつけなければなりません。

奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。

拍手[0回]


お世話になっている真言宗のお寺“影現寺(ようげんじ)”さんで行われる
お祭“チンポンカンポン祭り”に行ってきました。

「チンポンカンポン祭り」…とても珍しい名前の祭ですが、その昔、氏子ら
によって神事の間に打ち鳴らしていた太鼓や鉦の音が「チンポンカン」と聞
こえたのが由来だそうです。

影現寺さんの歴史は古く、同じ敷地にある歌人、“柿本人麻呂”を祭った
柿本神社の神宮寺として、空海の高弟真済(真済は人麻呂の従兄弟と言う説
もあります)の創建と伝えられています。

まずは影現寺本堂にて法要が営まれ、続いて柿本神社の拝殿にて神事が行わ
れます。(神仏習合らしいお祭りです)

そして、最後に行われるのが拝殿より御供餅撒きです、この時ばかりは老若
男女入り乱れての餅取り合戦が始まりました。

私がゲットしたのは偶々キャッチしたラムネ菓子、妻と子供は意外に沢山の
御餅をゲットしていました。

また、とてもよい勉強になる法話も頂き、充実した一日を過ごすことが出来
ました。

yougennzi.JPG影現寺本堂






hitomarozinnzya.JPG柿本神社






motimaki.JPG餅撒き







奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。

 

拍手[0回]


週末より京都、東京と飛び回っていました。

土曜日に京都市内で事前相談会に参加していたのですが
帰り道、急遽東京は浅草に移動することになりました。

当然着替えなど持ってませんし、普段履いている、小汚い
靴のまま新幹線に

浅草までどうやって行けばいいのかも解りませんでしたが
幸いモバイルパソコンだけは持っていましたので色々調べ
たり、ホテルの予約もすることができました。

最近のネットを使った○○トラベルなどのサイト経由でホテル
を予約すると、直接ホテルに電話予約するよりかなり安く
押さえられます。

幸い週末の浅草と言うのに、雷門のすぐ傍のホテルに空き
があり、無事宿泊することができました。

慌しい出張でしたが色々得ることもあり、有意義なものでした
しかしながら、大した準備もせず行ったお陰で、とにかく夜は
寒かった・・・軽~く、風邪をひいたようです。

 

奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。

拍手[0回]


09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
西口宏治
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1966/01/21
職業:
葬祭業
趣味:
ミニカー収集
自己紹介:
“小さな葬儀”専門葬儀社
「奈良メモリアルサービス」です。
消費者目線を忘れず
“for the customer”の精神で
社会が求める葬儀を追求して
います。
<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- ならメモスタッフ日記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ