忍者ブログ

ならメモスタッフ日記

直葬、家族葬など“小さな葬儀“専門葬儀社奈良メモリアルサービススタッフのつぶやき

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


中秋の名月の今日、奈良公園西端、興福寺に近い猿沢池のほとりにある
「采女神社」にて“采女祭”が行われます。

先ずは夕方17時頃より「花扇奉納行列」がJR奈良駅を出発します
「花扇奉納行列」は秋の七草で美しく飾られた「花扇」とお稚児、御所車
に乗った十二単衣の花扇使、ミス采女や、ミス奈良などが三条通りを東進
して采女神社まで練り歩きます。

18時頃、行列が猿沢池の西北の隅、采女神社に到着しますと春日大社
神官による神事の後、「花扇」が奉納されます。

19時頃よりこの祭のクライマックスとも言うべき「管絃船の儀」が行わ
れます。
花扇使を乗せた二艘の船が、猿沢池に浮かび一艘には采女や巫女たちが
もう一艘には花扇、雅楽の演奏者たちが乗ります。
二艘の船は雅楽の調べの中、満月と松明のかがりびに照らされながら優雅
に猿沢池の中を回ります。
そして、池の真ん中で「花扇」を水面に浮かべて、遠い昔、この池に入水
した采女の霊を慰めるのです。

この“采女祭”は奈良時代、帝の寵愛が衰えたことを嘆いて猿沢池に身を
投げた采女(後宮の女官)の霊を慰めるための祭りです。

また、采女神社はこの采女の霊を慰める為、猿沢池の北西に鎮座している
のですが、鳥居を背にしてしてお社が建っている珍しい神社なのです。
建てられた当初は普通に鳥居の向こうにお社があったそうですが、ある日
のこと、我身を投げた池を見るにしのびず、一夜にして社殿が後ろ向きに
なったのだと言い伝えられています。

天気も気になりますが、暑くもなく寒くもない一番過ごしやすいこの時期の
お祭です、中秋の名月をこのお祭と一緒にご覧になっては如何でしょうか。


奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。

 

拍手[0回]

PR

今日から奈良公園にて、今では恒例行事となりました“なら燈花会“が始まります

この行事は1999年の夏から始まりました、当時たまたま燈花会の準備をしている
所に遭遇したのですが、ただ単純に「何をしてんのかな??」と言うだけで、ほんとに
一部の人しかしらないマイナーイベントでした。

それが年々来客動員数も増え続け、今では奈良を代表する大きなイベントになりました
まさかここまで大きくなるとは、当時想像も付きませんでした。

ローソクが醸し出す幽玄な雰囲気、人も半端なく多いですが、とてもいい雰囲気です
会場も一箇所ではなく幾つかのエリアがあります“一客一燈“という参加方法もあり
ます(受付19時30分~21時)14日まで開催されていますので是非お越し下さい。

F1010601.JPG










奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。


 

拍手[0回]


ドタキャンにドタキャンを重ね何度キャンセルの電話を入れたことでしょう
ついにこの日がやってきました。

今日こそは歯医者さんに行かねばなりません・・・でも

何か仕事が入ってくれれば良いのですが・・・


奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。


拍手[0回]


03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HN:
西口宏治
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1966/01/21
職業:
葬祭業
趣味:
ミニカー収集
自己紹介:
“小さな葬儀”専門葬儀社
「奈良メモリアルサービス」です。
消費者目線を忘れず
“for the customer”の精神で
社会が求める葬儀を追求して
います。
<<前のページ  | HOME | 
Copyright ©  -- ならメモスタッフ日記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ