忍者ブログ

ならメモスタッフ日記

直葬、家族葬など“小さな葬儀“専門葬儀社奈良メモリアルサービススタッフのつぶやき

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


中秋の名月の今日、奈良公園西端、興福寺に近い猿沢池のほとりにある
「采女神社」にて“采女祭”が行われます。

先ずは夕方17時頃より「花扇奉納行列」がJR奈良駅を出発します
「花扇奉納行列」は秋の七草で美しく飾られた「花扇」とお稚児、御所車
に乗った十二単衣の花扇使、ミス采女や、ミス奈良などが三条通りを東進
して采女神社まで練り歩きます。

18時頃、行列が猿沢池の西北の隅、采女神社に到着しますと春日大社
神官による神事の後、「花扇」が奉納されます。

19時頃よりこの祭のクライマックスとも言うべき「管絃船の儀」が行わ
れます。
花扇使を乗せた二艘の船が、猿沢池に浮かび一艘には采女や巫女たちが
もう一艘には花扇、雅楽の演奏者たちが乗ります。
二艘の船は雅楽の調べの中、満月と松明のかがりびに照らされながら優雅
に猿沢池の中を回ります。
そして、池の真ん中で「花扇」を水面に浮かべて、遠い昔、この池に入水
した采女の霊を慰めるのです。

この“采女祭”は奈良時代、帝の寵愛が衰えたことを嘆いて猿沢池に身を
投げた采女(後宮の女官)の霊を慰めるための祭りです。

また、采女神社はこの采女の霊を慰める為、猿沢池の北西に鎮座している
のですが、鳥居を背にしてしてお社が建っている珍しい神社なのです。
建てられた当初は普通に鳥居の向こうにお社があったそうですが、ある日
のこと、我身を投げた池を見るにしのびず、一夜にして社殿が後ろ向きに
なったのだと言い伝えられています。

天気も気になりますが、暑くもなく寒くもない一番過ごしやすいこの時期の
お祭です、中秋の名月をこのお祭と一緒にご覧になっては如何でしょうか。


奈良市・大和郡山市・生駒市・天理市・木津川市 直葬・家族葬のご用命は
“奈良メモリアルサービス” 0742-94-6035 お気軽にご相談下さい。

 

拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
HN:
西口宏治
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1966/01/21
職業:
葬祭業
趣味:
ミニカー収集
自己紹介:
“小さな葬儀”専門葬儀社
「奈良メモリアルサービス」です。
消費者目線を忘れず
“for the customer”の精神で
社会が求める葬儀を追求して
います。
<<手元供養展 in 奈良  | HOME |  どうしようもない時>>
Copyright ©  -- ならメモスタッフ日記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ